So-net無料ブログ作成
検索選択
■ISOT国際文具・紙製品展 ブログトップ

ISOT2010 | ブースデザインを行いました。 [■ISOT国際文具・紙製品展]

先週ビッグサイトで行われたISOT2010(国際文具・紙製品展)にて東京アンティーク様のブースをデザインしました。

DPP_0002.JPG

こんな感じです。

見た目には分かりませんが、実は会場の中での小間位置と人の動線を考慮して、平面的な角度を5°振っています。東京アンティークさんの商品の質の高さを適正に表現するために、ブース壁面の仕上げは通常の仕上ではなく、手技感が出るような仕上げにしています。

DPP_0040.JPG

表面の仕上げは塗装の上にヤスリを前面に掛け、その上からコンテで味付け。その後乾いた布で磨きあげる、というもの。いい感じにアンティークになりました。

文字は、シルクスクリーンです。

DPP_0052.JPG

模型。折角なので本物のブースの前で模型写真を撮影(笑)

しかし、今回の模型は大変でした。

1/30スケール。スタンプのミニチュアも作りましたが、小さかった・・(笑)

展示会終了後はお施主様にプレゼント、です。

DSCF3702.JPG

DSCF3695.JPG

たくさんの人に来ていただきました。

無事会期も終わって、みなさまに感謝、です。

ブースの様子、東京アンティークさんのブログでも紹介していただきました。

是非ご覧ください。


作業中:ISOT2010/東京アンティークブース [■ISOT国際文具・紙製品展]

04.jpg

01.jpg

03.jpg 

来週から開催されるISOT2010にて東京アンティークさんのブースをデザインしました。

東京アンティークさんのブースは今年2月のギフトショーにてもデザイン。

今回は規模も大きくなって、再登場です。

前回同様、こだわった作りです。集客のために計算された形状・デザインにしてあることはもちろん、商品そのものの価値を高めるために仕上げには気を配るようにしています。

写真(3番目)は事前に施工業者さんの工房で仕上げの検討を行っているとところ。実際にイメージ通りにいくのか、サンプルで試してみています。

また模型でも、もちろん検討。1/20の模型ですが、前回はPAPAYA!のカードだけだったので、ミニチュア商品群も、最小6ミリていど、だったのですが、今回はスタンプも!!!!

当社の模型製作史上最少のアイテム。0.8ミリのスタンプ(超ミニチュア)!

顕微鏡で作っているわけではないので、完成度はともかくとして、ブース全体の雰囲気はよい感じになりました。

後は、月曜日から設営して、会期が始まって、狙い通りにお客さんが集まってくれるか・・・・。

ブースデザインを行う者にとって、人が集まるデザインができることが何よりも大切。 

なので、いつも開場してからドキドキしています(笑) 今回もちゃんと人が集まってくれるかな、と。

今回は東6ホールの奥の方、かつ隣接小間がない分よいのですが、お客様視線・動線的には多少不利なので、その辺をどう補うかが、デザイン上のポイントでした。

具体的な方法はまた今度、として、さて結果はどうでしょうね。

今回設営に当たっては学生さんが数人手伝ってくれる予定。

助かります!

ちなみに、ISOT会期中、私は初日7日の午前中及び、9日の午後に会場にいます。

 

 ■ISOT2010:国際文具・紙製品展:7月7日(水)~9日(金)まで。東京ビッグサイトにて

 

 


■ISOT国際文具・紙製品展 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。