So-net無料ブログ作成
検索選択

受賞しました/インテリアデザインコンペ-JAPANTEX2009 [■お知らせ]

■インテリアデザインコンペ2009/JAPANTEX [優秀賞 受賞]

fabricforest-01.jpg

【FABRIC-FOREST/都市の森】 

当社根津がJAPANTEXにて行われたコンペ「インテリアデザインコンペ」に参加し優秀賞を受賞しました。

JAPANTEX会場には一次審査を通過した作品20点の模型が展示されJAPANTEX初日の11日に最終審査、のちに発表がありました。

http://www.japantex.jp/compe/


受賞しました/Designers showcase-IPEC2009 [■お知らせ]

先週行われたIPEC2009にて下記作品が受賞しました。 

■Designers Showcase/IPEC2009[優秀賞 受賞]

yurayura-01.jpg

【Yura*Yura】

Design:猪瀬宗昭・竹村尚久・服部桂子・町田瑞穂ドロテア

協力:ケース・ディーコンセプトデザインオフィス・町田ひろ子アカデミー・川島織物セルコン・サカセアドテック

[CONCEPT] 

三軸織の生地による自立型インテリアエレメントの提案である。

本作品の特徴は、骨組みなどの基材を必要とせず生地のみによって自立していることとその軽量さにある。

三軸織とは、縦糸/横糸の「二軸」の織に対して三方向の軸による織り方で、その織り方の特徴から三次曲面での形状構成が可能となる。

今回の作品では素材をポリエステルとし、縫製後に生地を硬化させることで素材そのものによる自立を可能としている。そして、その軽量さから誰にでも簡単に移動や設置が可能となる。

オフィスの打合せコーナーのさりげない仕切りとして。住宅内等のささやかなオブジェとして。

揺らめくようなさりげない「ゆらゆら感」と透けるような「透明感」と素材感は、空間に圧迫感を与えず、柔らかな空気をその場に与えることができる。また、形状を工夫することにより、よりアーティスティックな表現も可能となるだろう。

この自立可能な生地による可能性を提案してみたい。

 


JAPANTEX / IPEC2009出展のお知らせ [■お知らせ]

久々の更新です。

今週11日より13日まで東京ビッグサイトで行われるJAPANTEX/IPEC2009に下記の通り出展します。

毎年この展示会では実行委員であるのと同時にインテリアプランナー協会の会員である関係上、いろいろな形で参加しているのですが、今年は控えめです(笑)

JAPANTEX:

当社スタッフの根津がJAPANTEX主催のコンペ「インテリアデザインコンペ2009」の一次審査を通過。2次審査が会場で模型にてあるのですが、その模型が会場に展示されています。タイトルは「FABRIC-FOREST」。

IPEC:

デザイナーズショーケースに、竹村が仲間と共に作品を展示しています。今回は「三軸織」を素材として生地自身で自立するフレキシブルなインテリアエレメントを製作しました。

■会期:2009年11月11日(水)-13日(金)

■会場:東京ビッグサイト 西ホール

 http://www.japantex.jp/access/

 

ちなみに毎年関わっていたアトリウムデザインは今年はバトンタッチ。

今年はTAKORAさんによる、大きなダッコちゃん(というと少々違いますが・・)が「大勢」で皆さんをお出迎えします。これは必見! もちろん最終日には・・・・・(笑)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。