So-net無料ブログ作成

ワンルーム/デザインの可能性 その3 [■インテリアデザイン]

国立で行ったワンルームの改修。

今回の改修では、3点式1116サイズのユニットバス、および既存のキッチンはそのままに、部屋の表層のみを行いました。

ただ、和室に関しては洋室に変更。ダイニングキッチンと和室を一体的な部屋にして広く文字通りのワンルームに。

これだけだとあまり特徴のないありきたりな改修。

最近のワンルーム事情を調べ、雑誌などのワンルームの状況を見てみると、あることに気がつきます。

紹介されているどの部屋も、住まい手がいかに「自分の部屋」を「自分仕様」にしているか、という表現。

ただの箱としての単一空間に、ファブリックをぶら下げたり、写真を壁に貼ったり、照明に凝ってみたり。

可能な限りの工夫を凝らして、「自分部屋」を作っている。

そんな状況の中、気づきます。

どんなに住まい手が表層を飾っていても、その住まい手のニーズに「下地」としての「物件」は、ついてきていないことに。

つまり、

・住まい手は、部屋を「自分仕様」に自由にしたい。壁にモノを貼り、オシャレにしたい。

・物件(オーナー)側は、壁に穴をあけてほしくない。汚さないでほしい。あまり手を加えないでほしい。

この2つの気持ち(=ニーズ)に差があるのですね。

では、その差を埋めてあげれば、双方のニーズにかなった物件となる。

そこで、今回の改修では、以下の工夫を行いました。

定石通り、風呂、トイレを別々にするように計画すると室内が極端に狭くなる。

これは風呂トイレ別になっても一方でマイナスイメージ。

本当にそれでいいの?ということで、思い切ってユニットバスはそのままに、室内に「住まい手が自由にできる場所」を複数個所設けることで、物件に違う付加価値を設けようと考えました。

・寝室エリアとリビングエリアの境にはカーテンレールを設置。(好きな柄のカーテンで自由な間仕切りを)

・写真や絵を貼りつけられるコルクシートの壁。

・自由な位置に照明をつけられるライティング(ダクト)レールを設置。(+スポットライト)

・壁面上部にピクチャーレールを設置。

などなど。

それに加えて、オーナーのメンテナンスにも配慮し、床は塩ビタイル。(+デザイン性もよい)

このように、住まい手が極力「自分仕様」の「自分部屋」にできる「下地」を準備してあげることで、周辺物件との差別化を行い、かつ相場よりも高い賃料で貸すことが可能となるわけですね。

しかも、改修費用はユニットバスを新規に取り換え、トイレを別に設けるよりも安くなる。

こんな発想の転換もワンルームには必要かな、と思います。


ワンルーム/デザインの可能性 その2 [■インテリアデザイン]

国立市でワンルームの改修デザインを行いました。

駅から徒歩5分の好条件下の物件ですので、集客については現在のところさほど問題にはなっていません。ですが、先日契約した同棟の部屋の空室期間が若干長かったため、今回の対象物件(室)については、将来的な魅力の減少に備えて、何らかの魅力付けができないだろうか、

というのが今回のお施主様からのご依頼でした。

部屋の大きさは30平米少々。フローリングのダイニングキッチンと共に、和室が付いています。キッチンにはIHが設置。ユニットバスは風呂とトイレが一体となった所謂3点式。1116サイズ。小さいですね。でも清掃は行き届いています。

そんな部屋をいかに魅力付けを行いましょうか?

通常考える方針は下記のようなものかと思います。

「風呂とトイレを別々にしよう。サイズも最低でも1216サイズだ」

「キッチンを新しくしよう。なるべく大きく。対面式がいいのではないか」

「和室がいらないのではないか。なくして洋室にしよう」

こんなところでしょうか。

でも、これでは、どちらかといえばマイナスだった部分を0にしただけ。

+に転じる「魅力付け」にはなりません。

では、デザイナーとして空間的に特徴的なデザインを行い、差別化を行うべきでしょうか。思い切ったデザインにして、この場所でしかない非日常の経験が体験できるようにする。

これも差別化の手法としての一案かもしれませんが、イニシャルコストが高くなりそうですね。

そこで今回は上記の良い面を活かしつつ、極力予算のかからない方法で、改修のデザイン提案を行いました。

>>続く。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。