So-net無料ブログ作成

IFFT/インテリアライフスタイルリビング|ブースデザイン [■インテリアライフスタイル展]

インテリアライフスタイル展-00.jpg 

先日行われたIFFT/インテリアライフスタイルリビングで「プロジック株式会社」様のブースをデザインしました。

プロジックさんの扱われているのは「ルームフレグランス」。「SENSIBILITA」というブランドになります。

青山246沿いに店舗がありますので、ご覧になられた方もあるかもしれません。

今回はSENSIBILITAのもつ5つのブランドを会場の2小間のブースに展開しました。

プロジックさんのご要望が青山にある店舗のイメージを継承してのデザインでしたので、黒と赤をベースに考え、展示会場の中で、存在感が沈んでしまわないように、白を適度に配しながらデザインしています。

ブースデザインする際、特に「ブース形状」を検討する際に大切になるのが、来場者の流れ、動線なのですが、今回の場合、ブースの右方向がメインとなりそうだったのですが、それとともに、ブースの背後からの流れが多い、と想定し、ブースの角付近に背後からでも視認できる「柱(的な壁)」を設けることにしました。

何気なく決められたような形状ですが、実は全ての箇所に集客のための計算があります。

 また、今回は透明な「ビン」に透明の液体が入っている、という商品でしたので、このような商品の場合、背後のちょっと下から光を照らしてあげる(これ、コツです・・)と、このビン(=商品)がいい感じにきれいに見えるので、展示棚の背後に照明を仕込んで商品がきらきらと最も奇麗に見えるようにしています。

前面の展示台。通常この場所に光を当てようとすると、上部に屋根、ないし梁を設けて照らすことになるのですが、この梁などが、実は結構通路側に圧迫感を与え、来場者に対して心理的な壁を作っていることが多くなります。そこで、通路側に圧迫感を与えないように、照明を取り付ける屋根=梁は極力「薄く」しています。

たった2小間のブースですが、集客のための形状とサイン。そして商品をより良く見せるための「展示方法」。これは意外に重要ですし、難しいものなんですね。

インテリアライフスタイル展-03.jpg

インテリアライフスタイル展-01.jpg

SENSIBILITA>> http://sensibilita.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。